●タイヤ

2010年6月 7日 (月)

ダンロップ SPORTMAX ROAD SMART(1st インプレ)

今回はずっとバイク屋にリザーブしていた、
ダンロップ SPORTMAX ROAD SMART
とは言ってもお金だけ払っていただけで、
タイヤは新品。
2010060517090000_2 マルチコンパウンドのリアのパターン
2010060517090001 シングルコンパウンドの フロントのパターン
触った感じはツーリングスポーツの位置付けなので
やっぱり硬い感じがしますね。

早速乗ってみると。

前に履いていたタイヤがタイヤだけにゴツゴツした感じがありますね。
硬さが乗っていてもわかります。
まあ皮むき前だから余計ゴツゴツしてるのかも。

倒し込みは・・・・・ん〜
モッサリしてます。
倒し込みが重いですねぇ。
安定感というより重いという感じの方が強い。
いままでで一番倒し込みゆっくりしてるんじゃないかなぁ。
これはサスのセッティングを変える必要あるな。

でフロントのプリロードを半回転シメ。
倒し込みは少し速くなったけど
接地感がちょっと乏しい。

で90度緩めて戻す。
ん〜こんぐらいかな。
接地感を維持して少し倒し込みが軽くなった。

首都高速とかを普通に走る分にはそんなグリップ不足とは感じないけど、
M1みたいに倒せるかというと、そこはちょっと不安かな。
でもタイヤの暖まりは早いし、
高速とか走った後にタイヤに触ると
いままでのツーリングタイヤより温度が高い気がする。

これは冬場の冷えている時に効果がありそうだね。

あとやっぱ硬いからライフも永そうな感じがする。
さて何キロ保つかな?

| コメント (1)

メッツラー SPORTEC M1 (ラスト インプレ)

メッツラー SPORTEC M1が
3月に換えたばかりなのに丁度3ヶ月でおわりました。
2010060516540000 早っ!
2010060516540001 溝はあと1mm。
何かを踏んでタイヤに溝より深い亀裂が・・・。
このタイヤはゴムが柔らかいのかけっこう大小こんな傷がつきやすいです。
でもとりあえずタイヤが裂ける事は無かったですけど。
2010060516540002 こちらはフロント。
フロントはまだ全然使えましたね。多分フロント1本使うのにリア2本って所でしょうか。

今回の走行距離は4,264km 短っ!
まあタイヤの亀裂が無ければもうちょい乗れたかな、でも5,000ちょっとでしょう。

このタイヤ、セールで30,000円で買ったけどそれでも1km当り7.03円はちょっと高いな。
やっぱスポーツタイヤはコスト的にあまりオイラにはむいてない。

でもスポーツタイヤだけあってツーリングタイヤより面白いね。
グリップ感はあるしバンクもパタパタと軽く倒せる。
フルバンクではじっこまで使っても不安は無かったね。
型遅れのタイヤだけど全然いいよね。

ただ、コンパウンドが柔らかいのか、剛性が少し弱いのか
高速でのコーナリングでグニョッ!っと来るときがある。
別に滑っているわけじゃないけどリアがグニョッとくるんだよねなんか・・・

まあ今まで履いたなかで一番楽しくて一番保たなかったタイヤ。
お遊びタイヤだね。

| コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

メッツラー SPORTEC M1 (2st インプレ)

P2281738だいたい皮むきも終わって最初の印象。

スポーツの位置付けだけあって
ツーリングタイヤとはグリップ感が全然ちゃいますね。

タイヤの暖まりも早いし、
真冬じゃないけどまだ肌寒い3月の気温でもよくグリップしてくれます。
スポーツタイヤといっても雨でもそれなりのグリップ感はあります。

見た目のプロファイル通り倒し込みは早いです。
パタパタと倒れてくれますね。
そしてバンクさせてからの安定感があります。
バンクさせるまでの安定感はロードテック。
バンクさせてからの安定感はスポルテック。
そんな感じ。
乗り味どちらかというとパイロットロード2に似ている気がする。

まだまだ街乗りしただけなのでこれ以上はなんとも言えませんが、
峠道は楽しそうですねこのタイヤ。

只、いままでロードテック Z6に慣れていたせいで、
倒し込みが早い分運転が忙しくなった感じがする。
長距離は疲れそうだなぁ。

にほんブログ村 バイクブログへ

| コメント (1)

2010年3月 4日 (木)

メッツラー SPORTEC M1 (1st インプレ)

メッツラー ROADTEC Z6 INTERACTに引き続き今回選んだタイヤは
P2281733 同じくメッツラーのSPORTEC M1。
ひさびさのスポーツタイヤです。

1月にお年玉セールでめっちゃ安く買えたので、
取り置きしていたタイヤ。
まあモデル遅れだから安いのかもしれないけどね。
でも賞味期限はちゃんと残ってる新品です。

スポーツタイヤなので耐久性は期待してません。
それよりもツーリングタイヤとは一味違うグリップ力に期待です。

さてどんな乗り味なのかな〜

見た目は溝も深くてあまり過激なパターンじゃないけど、
プロファイルはZ6より全然とがってますね。
これはパタパタとバンクできそうだ。

ひとつ残念なのはいつもタイヤのエッジ近くのゾウさんがいない事。
オイラはそのゾウさんを消せた事はないけど、
最初からいないのは寂しいなぁ。

これで35442km走って4本目

にほんブログ村 バイクブログへ

| コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT (ラストインプレ)

徐々に気候も暖かくなってきましたね。

ようやく冬を越せそうという頃に、
P2281732 Z6 INTERACTが終了しました。

そこでメッツラー ROADTEC Z6 INTERACT ラストインプレしちゃいます。

いままで履いたブリヂストンBT014とミシュランパイロットロード2
との比較をしてみると

適温時でのグリップ
1位    2位     3位
BT014  RTZ6 int  PR2

スポーツタイヤに匹敵しそうな適温時でのグリップ感。
高速を長時間走ってもタレてくる事はなかったね。

極低温時でのグリップ
1位    2位     3位
PR2  RTZ6 int  BT014

この冬を過ごしてみて低温時でのグリップは、
パイロットロードには及ばなかった。
冬場での温度が上がらない時期はちょっと不安。
何度かヌルッと滑る事があった。
でも014よりかは全然いいけどね。

安定感
1位    2位    3位
RTZ6int BT014  PR2

乗手に余裕を与えてくれる安定感。
とても自分にあっていて乗りやすかった。

経済性
1位    2位     3位
PR2  RTZ6 int  BT014

わかりやすくするために、
Webikeでの販売価格と走行距離を割ってみた。

パイロットロード2
¥39,413/17,247km 1kmあたり¥2.28

Z6 int
¥43.785/11,695km 1kmあたり¥3.74

BT014
¥38.262/6500km 1kmあたり¥5.88

やっぱりロード2がダントツ。
経済性重視のライダーはロード2だね。
Z6はもう2000kmくらいがんばってほしかったなぁ

今回のZ6は全体的に自分はとても評価が高い、
けど難点もある。

●先にも書いたけど低温時のグリップ力がもう少し欲しいね。
出発してタイヤが暖まるまでがちょっと不安。

●Z6はリアのセンターに溝がないのでタイヤの減りがわかりずらい。
P2281735 フロントはこんな感じなので減りはわかる。
でもリアはまだいけるかななんて思ってると
P2281740 こんななってしまう。なかのワイヤー見えてるし。
これは旧Z6でも同じ事があった。
パターン形状が変わらない限りこれは仕方ない事なのか。
もう少しわかりやすくしてほしいなぁ。
P2281739 でもゾウさんは健在でした。orz
でも冬場のめっちゃ寒い時期はこのゾウさん踏んだらきっとアウトよきっと。

まあスポーツツーリングタイヤの位置付けだけど、
耐久性と最適温度はロード2に比べるとスポーツよりだな。
でもプロファイルはあまり尖っていないから
乗り味はマイルドでロード2よりツーリングっぽい。

また履くタイヤが無くなったらもう一回履いてもいいかな。

にほんブログ村 バイクブログへ

| コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT (3rd インプレ)

今回のツーでくしくも
高い標高による低温・豪雨・タンデムという悪条件で、
連続する下りの高速コーナーを体験したのだが。

こんな状況でも安定感がありグリップ感がある。
バイクを傾けた時にタイヤがちゃんと喰い付いてくれて、
サスがググっと沈んでくれる感覚がある。
だからといって豪雨のなかでフルバンクは出来ないけどね。
これはパターンよる水はけもよいのかもしれないね。

さすがウェットでも4ぞうさんついているだけあるね(笑

一応、後ろに乗っている神様にも訊いてみると。
「接地感があって前より怖くない。」
前のタイヤが減っていたとはいえ、
ふだんタイヤを交換した事さえ気づかない鈍な神様にもわかるとは・・・。
Pilot Road2を入れた時はにもこんな事は訊いても言わんかった。

これで後は13000km以上保ってくれれば、
次にPilot Road2とZ6だったら
オイラはZ6をだね。

| コメント (1)

2009年5月 3日 (日)

メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT (2nd インプレ)

お世話になったパイロットロード2に別れを告げて、
_0018100

今日からお世話になります!
_0018099
メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT

さすがメッツラー
リアタイヤをホイールに組んだ時点でバランスがとれてました。
なので今回はバランス用のおもりはなし。

そして交換ついでにいろんなところを点検してもらいつつ、
_0018105
装着完了!
やっぱZ6、この唐獅子模様のようなパターンがえぐいねぇ。

続いてフロントも交換。

さすがにフロントまでバランスのウエイトなしとは行かなかった。

ウエイトつけてバランスとって、
_0018108
こちらも装着完了!
フロントの唐獅子パターンも和風ですなぁ。

では早速、
皮むきにいきますかぁ。

タイヤが新品なので走り始めはなんかゴツゴツしていたけど、
20km程走ってると滑らかになってきた。

徐々にスピードをあげてバンクも深くしてみる。

そんで乗った感じはというと・・・・

いいっ!いいよこれ!キタ━(゜∀゜)━ッ!!

コーナー中のグリップ感と安定感が高い。
Pilot Road2より一段上のハイグリップタイヤを履いている感じ。
ツーリングスポーツにしてはけっこうソフトコンパウンドなのかも。

切り返しや倒し込みはなんかゆったりしてちょっと重く感じる。
Pilot Road2の方が軽快感があったなぁ。
オイラはゆったりしている方が好きなんだけどね。
これはプロファイルの違いなのかも。
ちょっとサスの調整が必要かな。

乗り心地はさすがにツーリングタイヤなので、
Pilot Road2とかわらない位よいと思う。

でも剛性感はあるのよ、
なんかフニャフニャしないつーかなんつーか。

それからタイヤの温度上昇が早い。
一回タイヤを冷やして、
またちょっと走ってからタイヤを触ってみたら、
すぐに暖まっていた。

これは前のZ6もそうだったのだが、
スチールが入っているおかげで、
剛性を出しつつ早くタイヤを暖めて
グリップを出そうという技術だ。
とっ、いうのを聞いた事がある。

これは冬場や雨の日などタイヤの温度が上がりにくい
時にはありがたいよね。
ただ真夏の炎天下ではどうなるのでしょう?

まあPilot Road2の後発として、
満を持してこの時期に出してきたのだから。
Pilot Road2に勝るとも劣らないパフォーマンスを
出さないと売れないからね。

メッツラーさんええタイヤつくったね。b(^o^)

あとはどの位保ってくれるかだね。
まだわからないけど、
こんだけいい感じにグリップしてくれると、
耐久性はPilot Road2に及ばない感じがするなぁ。
オイラの予想は10000〜13000kmあたりが限界かなぁ。
この予想を是非とも上回ってほしい。

| コメント (0)

ミシュラン Pilot Road2(Last インプレ)

ようやくタイヤ交換した。
_0018101
ミシュラン Pilot Road2。
いや〜いいタイヤでした。
メーター読みで23747km走行で、このタイヤでは17,247km走行
メーター調整してるから実際にはもう少し走ってます。
いや〜かなり保ちましたねぇ。
おいらはほぼ毎日乗ってるから1年3ヶ月程で使い切ったけど、
あまり乗らない人だと、
摩耗よりゴム劣化の方が先に来るんじゃないかなぁ。

ここまで走ったフロントタイヤは、
_0018102
スリップサインギリギリです。
センターの溝はまだ1mmちょっとありますね。

_0018103
ヘタレなのでセンターがやはり減ってますが、
OEMタイヤと比べるとあまり段差のついた減り方はしてないです。

リアの方は
_0018097
スリップ完全に出て、
溝は1mmもありませんでした。

_0018104
さすがにセンター部が平になってますねぇ。
実際に触ってみると、
センター部はもう触ってすぐわかる位ペラペラの薄皮一枚の状態。
あと2000kmはがんばれるかもと思っていたけど、
やっぱこれはもう無理、
やばいです。

でもサイドの、
_0018098
ビバンダムは健在です。(笑

| コメント (0)

2009年4月29日 (水)

メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT (1st インプレ)

注文していたタイヤがやっと来たよー。
もう今のタイヤがヤバヤバだったからねぇ雨なんか降ったらドキドキよ。
今回履いてみるタイヤは、
_0018073
メッツラー・ロードテック・Z6・インタラクト

以前12Rに乗ってた時にZ6を履いていたけど、
その進化版が新発売されたのだ。

タイヤのパターンは、
_0018069
従来のZ6とそんなかわらない。
Pilot Road2より溝が多いね。
でもリアのセンターは溝無いんだよねぇ。
_0018072
タイヤのランクでいうと、
ドライ・ウエット・耐久性・ハンドリングすべてにおいて
4ゾウさ〜ん!

って基準がわからんわ!\(`Д´)
1ゾウさんがどの位なのよ。

まあそれはさておき、
_0018071
サイドにはおなじみのかわいいゾウさんもいます。(*´▽`*)
オイラにこのゾウさんを消せるまで、
バンクさせられる日がくるのだろうか・・・
ちなみにミシュランのビバンダムは消せませんでした。

ところでこのメッツラー・ロードテック・Z6・インタラクト
従来のZ6から何が進化したかというと。

ミシュランPilot Road2の様に
タイヤのセンターがハードでサイドがソフトというマルチコンパウンドなのだが、

ミシュランと違うのが、
NMC(ノンステップ・ミクスチュア・コンパウンド)

という新技術を採用しているらしい。
(゚ー゚*?)ンッ何それ・・・・・
ハイッ!それはいったい何かというと、
Photo
ちょっと写真が荒いが、
センターのミディアム・ハードからサイドのソフトまで継目が無いという事らしい。

なので偏摩耗やコンパウンドの境目での急な挙動の変化が無いと言う事らしい。
実際タイヤのショルダー部分を指で押してみたけど、
けっこう柔らかくてグリップ良さそう。

まあ実際に履いてみてどうかというとこだね。
週末の交換が待ち遠しいなぁ。

| コメント (1)

2009年3月15日 (日)

ミシュラン Pilot Road2(2ndインプレ)

タイヤ交換をしてから15000kmを超えた。
_0017725
リアタイヤもだいぶセンターが減って来た。
まあほとんどが通勤の街乗り。
センターが減るのはしかたないねぇ。
_0017726
やばいそろそろスリップサインでちゃいます。

_0017727
フロントの方はやっぱりセンターがヤバイ。
_0017728
リアほどじゃないけど、
やっぱりスリップサインまじか。

トータルでのミシュラン Pilot Road2のオイラの感想は。

・ライフ
抜群!申し分無し。15000km以上走ってまだ溝がある。

・グリップ
冬場の冷えきった状態からの乗り始めグリップもわりといい。
ノーマルタイヤは冬場の出だしはめちゃ滑ったなぁ。

暖まった通常の時も街乗りや高速、ちょっとした峠なら十分なグリップ。
減ってからも急激にグリップが落ちる事は無かった。
雨は溝が浅くなって来たせいかちょっと滑りやすくなった。
まあここまで乗ればどのタイヤも滑るけど。

・乗り心地
硬すぎず柔らかすぎず良い乗り心地でした。
300でも安定してたし。
タンデムでも神さまからのもんくは出ませんでしたよ。

・減り方
運転の仕方にもよると思うが、
減ってからもハンドルがブレたり著しく乗りにくくなる事はなかった。

このタイヤZZRにはとても合っていてオールラウンドにこなせる良いタイヤだと思う。

心残りは最後まではじっこのビバンダムを消せなかった事。
へたれなオイラではそこまで倒せなかった。

もうちょい乗ったら交換しますかぁ。

さて次は何を履こうかなぁ。

| コメント (2)

より以前の記事一覧