● バックカメラ

2009年8月28日 (金)

バックカメラVer.2 レーザーポインター設置

バックカメラVer.2 の仕上げにレーザーポインターを設置しようと思う。

実はバックモニターを作ろうと思った時から考えていた事で、
家の駐輪場は暗くて狭い。
そしてバックで入れなくてはならないので、
けっこう1400の大きさは毎回難儀していた。

そんでバックする時にバイクの向きと周囲の状況を判りやすくするため
目印が欲しいと思っていたのだ。

そんでもって以前から実験にしか使っていなかった
_0018975_2
このレーザーポインターを使う。

まずはコイツをどこにどう設置するか考えてみた。

んで、
_0018963
レーザーがちょうど収まるコの字型のアルミの棒を5cm程にカットして、
_0018964
穴開けて、
_0018965
L字ステーにネジ留めする。

この2つのコの字にそれぞれレーザーポインターが収まる。

そんで取り付けたの状態がコレ
_0018975
ナンバープレートの裏側、
横からのぞかないとレーザーポインターは見えない位置に設置。

なぜ2つ付けたかというと、
_0018971
こんな風に十字にしたかったのだ。
_0018972
後ろから見るとこんな風に見える。

後方のドライバーの目に直接レーザー光が入らない様な角度
に設定。

そんでバックモニターで見ると
_0018970
こんな感じに見えます。

縦のラインはバイクの向き、
横のラインは左右と後方の壁や障害物の距離が
これで夜間でも判りやすくなっただよ。

ちなみにこのレーザーは、
低速用バックカメラと連動していて、
走り始めると消える様にした。
なので20km以下の低速か止まっている時にしか光らない。

走ってる時は必要ないからね。
節電、節電・・・。

 

| コメント (2)

2009年8月23日 (日)

バックカメラVer.2 走行テスト

さて取り付けたスイッチがうまく作動するかテスト。
_0018932
まずはトグルスイッチでマニュアルで切替えると、
_0018949_3

モニタの画面ではこんな風に切り替わります。(画像をクリックしてみてね↑)

さていよいよ、
_0018933_auto
スイッチをAutoモードに切替えて走ってみる。

どうにかうまく動いてるみたいだね。

だいたい40km/h以上で望遠に切り替わって、
20km/hを下回ると広角に切り替わる。

ん〜ほぼ計算通り!
って適当に作ったらそうなっただけだけど・・・

| コメント (0)

バックカメラVer.2 スイッチ製作 その3

フラップ部の製作のつづき。
_0018904
バルサで作ったフラップをFRP樹脂でコーティングをする_0018908
バルサのままじゃ軟らかすぎて塗装もできないのよ。

そんでもって
_0018910
パテとサフェイサーで表面を滑らかにする。

次にプラ板で、
_0018903
フラップのベースもつくる。

_0018934
ベースにカウルにを合わせてみる。

_0018935
んでカウルに穴をあける。

_0018938
ベースにモリモリパテ盛り。

_0018939
ゴリゴリ削って形を整える。

_0018941
フラップと一緒に塗装。

そんでカウルに取り付けると
_0018945
こうなります。(画像クリックで動くよ↑)

フラップに風があたるとフラップが倒れて、
スイッチを押す仕組み。

_0018947
裏側はこんな感じにスイッチを組んである。

_0018951
バイクに装着するとこんな感じ。

フロントフォークに干渉しない様に微調整して完成。

 
 

さて走ってみますか。

 
 

| コメント (0)

2009年8月21日 (金)

バックカメラVer.2 スイッチ製作 その2

フラップスイッチはしばらく時間がかかるので、
とりあえずマニュアル/オートの切り替えスイッチを作ってみる。
_0018906
ごくごく普通のトグルスイッチ。
ONーOFFーONタイプ。
Wiring

配線図をもとに

_0018911
配線をハンダ付けして。
_0018913
インナーカバーに穴開けて、

_0018914
トグルスイッチを突っ込んでネジしめて、

配線を接続すれば出来上がり。
_0018932

フラップスイッチが完成すれば、
こんな風にバックカメラを切り替えられるはず・・・・。

 

 

 

| コメント (0)

2009年8月20日 (木)

バックカメラVer.2 スイッチ製作 その1

やっと復活したバックカメラ。
でもこれで完成じゃぁない。

まだ2つのカメラを切り替えるスイッチを作っていない。

でもこの切り替えスイッチは手動ではなく、
速度に応じて自動で切り替わってほしいのだ。

だ・け・ど

スピードセンサーから信号拾ってコンピューター処理なんて事は
オイラには技術や知識じゃムリムリ〜。┐(´-`)┌

なのでこーんな方法をとる事にしてみた。

Photo
スイッチに羽根をつけて、
ある程度の風を受けたらスイッチON。
つーような原理はとっても原始的なもの。

で、こんな物を作る時にいろんな状況を想定しながら図面を描いてみる事に・・・

2
んでいろいろ考えた結果こんな感じの物を作ってみようと思う。

風を受けるフラップとスイッチを連動させる構造。

低速ではフラップは動かないが、

3
速度が上がり走行風が強くなってくると、
徐々にフラップが下がりスイッチをオンにする。

それから、フラップが下がった状態は出来るだけ空気抵抗を受けない形状にする。
200km/h〜300km/hの風圧でも飛んでいかない様にしないとね。

_0018898
まずは2mm厚のプラ板を図面通りにカット。

_0018900
同じ物を二つ作る。

_0018902
切り抜いたプラ板をバルサ材でサンドする。
これでフラップの芯が完成。

バルサを使ったのは出来るだけ軽量化して、
低速時の微風でもフラップの動きを良くするため。

うまく動いてくれるといいなぁ。

  
 
 
 
 

| コメント (0)

2009年8月16日 (日)

バックカメラVer.2 設置

日中は暑いので、ちょっと早起きしてカメラ設置作業開始。

まずはお尻まわりをとにかく外していく
_0018887
先日せっかく付けたナンバープレートも、
容赦なく外す。
そして旧バックカメラのみの状態。

そして旧バックカメラの配線も引き出して、
_0018888
新しいバックカメラを設置。

この段階では仮留めの状態。

昨日作った配線をつなげて、
ナンバープレートを戻す頃には
すっかり日も昇ってメッチャあぢぃ〜(;;;´Д`)

_0018890
とりあえず設置完了。

モニターを見ながら細かい角度調整もする。

_0018892
奥のカメラが低速時広角カメラで、
手前が高速時ズームカメラ。

カメラとナンバープレートが若干あたってしまうのでナンバープレートのベースにワッシャーをかませて8mm程下げた。

とりあえずバックカメラふっかーつ!!ヽ(´▽`)/

あとは速度センサーを作って自動でカメラが切替える様にしないとなぁ。

しかしマジあぢぃ〜(;´Д`A ```
11時すぎるともう作業はむりじゃ。
バイクに乗るのもむりじゃ!

| コメント (0)

2009年8月15日 (土)

バックカメラVer.2 配線

低速用と高速用のバックカメラを切り替える装置を作ってみる。
使うのは、
_0018882
このリレー。
アキバで¥200〜¥300位の物。

コイツ一つでカメラの電源と映像信号を切り替える様にしようと思っている。

_0018883
そんで間違えない様に一つ一つ配線をハンダ付けする。

_0018884
ハンダ付けが終わったら、
配線にからまったり無理がかからない様にまとめていく。

_0018885

カメラを付けてテスト。

問題なく思い通りに機能してくれた。
後は切り替えスイッチを作ってバイクに搭載すれば出来上がり。

| コメント (0)

2009年8月13日 (木)

バックカメラの問題点 その2

バックカメラの問題点は他にもある。
このバックカメラは感度が高く夜でも暗視できる程。
しかーし、これが仇となってヘッドライトとか、
直接光がカメラに当たると画面が真っ白になってしまう。
なので、
_0018877
またクルマのウインドウのフィルムを使って、
直接入ってくる光を抑えてみることにした。

_0018878
透明アクリル板にフィルムを貼ってみた。

まだ他にも問題がある。

雨が降ってレンズに水滴が付くと画像がブレブレで見えなくなってします。

カメラ自体は防水だから大丈夫なのだが、
やっぱりレンズは濡れない方がいい。

そんでもってカメラにひさしを付けて見る事に。
_0018873
黒いアクリルをカットして、
_0018876
組み立ててフィルムを貼った透明アクリルを差し込んで、
_0018881
ふたをして出来上がり。

 
 

次は広角とズームのカメラを切替えるスイッチをどうしようかなぁ。

| コメント (0)

2009年8月12日 (水)

バックカメラの問題点 その1

バックカメラが壊れたのでこれを期に問題点の改良しよう。
で、問題点とは・・・・
_0018870
カメラの視野角。
通常クルマ用のバックカメラは120°〜150°と広い視野角。
でもこれじゃ5mも離れるとなにが映ってるかわからない。

なのでレンズ交換して視野角60°〜90°位じゃないと走行中は使い物ならない。

W

視野角65°のレンズ。↑
でもこの視野角でも30m〜40m離れるとでクルマだかなんだか判らなくなる。
なのでスピードが上がれば後続の車も離れるので、
さらに視野角の狭い20°〜30°位のズームタイプが必要になる。

でもズームタイプは信号待ちや渋滞、速度が遅く後続のクルマの距離が近いとき
T
視野角20°のレンズ。↑(いままで付けていたのがこれ)
こんな風にピンボケになってしまう。
さらに近づかれると画面いっぱいで何が映ってるのか判らない。

で思ったのが、
_0018871
低速時の近距離用と高速時の遠距離用を2つ搭載し、
走行速度で切り替えればより見やすくなると思い、
2つカメラ仕入れてみた。

| コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

バックカメラこぁれたぁ〜

この1年9ヶ月程、
過酷な振動、雨、風に耐えてきたバックカメラが、
逝っちゃいました。
_0018847
ここ最近画像がボケるなぁと思い始め、
だんだん画像が不鮮明になり、
分解清掃しても効果がなく、
先日の大雨の中を走ったのを最後に、
_0018848
画面が真っ白な灰になって逝ってしまった。(ー人ー)チーン

でもまあ¥3500で購入した割には良く保ってくれました。

そんでこのバックカメラを使っていて、
問題点も解ったし、
もっとこうしたいああしたいと思う所もあった。

という訳でこれを期にバックカメラ Ver.2 計画始動!

っていろんな計画始動させておいて、どれも一向に進んでない・・・。(=´Д`=)ゞ

| コメント (1)