●ウィンカー

2009年8月 8日 (土)

リアウィンカーをどうにかしよう。 大詰め

それぞれのパーツも出来上がったしいよいよバイクに取り付け
_0018835
まずは配線だけどナンバー灯の配線
を通してる穴はもう配線が通らないので、
別に小さい穴を開けて配線を通す事にした。

_0018836
セラミック抵抗は隙間に両面テープで固定。
_0018837
ノーマルウインカーのカプラーちょん切って、
配線する事にした。

後は説明書をみながら配線。

+と−の付け間違いだけ気をつければ、
簡単な配線。

んでいよいよプレートやカウルを装着して、
_0018838
こうなりやした
_0018839
後ろから見るとこう。

こんな感じで光ります。

これでまた一段とお尻がスッキリね。

 

 

 

| コメント (1)

2009年8月 7日 (金)

リアウィンカーをどうにかしよう。その9

先日購入したACTIVEのウインカーナンバープレート。
_0018829
でもBlackなバイクが好きなオイラとしてはコイツもちょいと気になる。

んでもってこのウインカー部分に、
_0018830
車のウインドウ用のスモークフィルムを貼ってみよう。

まあ取りたくなったら簡単に剥がせるしね。

んで、貼ってみた。
_0018831
平な面ばっかりだったので、
簡単に貼れた。

_0018834
真っ黒になったねぇ。

| コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

リアウィンカーをどうにかしよう。その8

ステーもしっかり付いたのでいよいよ塗装。
なのにあいにくの曇天・・・。┐(´д`)┌ヤレヤレ
塗装するにはあまりよくない条件。

でも早く塗りたいので強行しちゃうのだ。
_0018650
塗料はMCペインターのカワサキ純正色。
メタリックディアブロブラック。

店頭でなかなか置いてないので、
ネットで取り寄せた。

んで早速塗装開始!
_0018652
ブラックはあんまり気を使わず塗れる。

ちゃっちゃと塗って乾燥させる。

そんでお次は、
_0018661
バックモニターの時も使ったウレタン系クリアー塗装。

硬化剤と混ぜて使うタイプ。
値段は高いが塗装膜が強く上がりも奇麗。

こいつでコーティングすると。
_0018653
_0018655
こーんな感じに仕上がる。( ̄ー+ ̄)キラン

曇天の中、塗装もうまくいってよかった。

さっそくカウルに付けてみたら、(↓クリックで拡大)
Ba
こんな風になりました。

うん!スッキリしていい感じ。b(^_^)

後は塗装が完全に乾いたら磨き込んでいくのだ。

早く装着したいなぁ。

でも休日は終わってしまったので、
また来週の作業だなこりゃ。

 
 
 
 

| コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

リアウィンカーをどうにかしよう。その7

ヒートボンドで仮どめしたステーを
さらに丈夫にするために、
_0018649
FRP樹脂を付け根部分にぬった。
そんでさらに上からグラスマットを被せた。

接着にFRP樹脂を使うと、
本体もFRPなので完全に固着一体化してくれる。

軽いのでそんなに強度は必要ないのだが、
一体成型ぐらいの強度が出るのよ。

割れやすいネジ穴部にもFRPを被せる事で格段に強度が上がる。

だからそんなに強度はいらないんだけどね・・・

| コメント (0)

リアウィンカーをどうにかしよう。その6

型抜きしたFRPをパテやサーフェイサーを盛っては磨いてを繰り返して
_0018639
表面をツルツルにした。

そんでここまで磨いたら一旦、
_0018640
ガムテープでカウルに固定してキッチリと位置決めをする。
_0018641
裏返してウインカーのネジ穴を利用して、
固定するためのステーを作っていくのだ。

ステーの位置決めや形状を整えていく。
_0018643
これが完成したステー。
まあ見えない所だから、
細かい所は気にしない。

んで、この
_0018645
ヒートボンドでかり留めして、
_0018644
とりあえず本体に固定する。

ここでノーマルと比較すると。
_0018646
_0018648
わずかだが軽量化と、
カウルの内側のスペースが確保できた。
もともとスペースがないZZR、
今後のカスタム計画においてスペース確保は重要なんだよねぇ。

 
 
 

| コメント (0)

2009年7月22日 (水)

リアウィンカーをどうにかしよう。その5

メス型が乾いてきたので、
_0018524
FRPを貼ってみた。
出来るだけ気泡が入らない様にローラーでコロコロして空気を追い出す。

でしばらくして硬化したら、
_0018525
FRPを型から剥がす。
しかし剥がした時に、石こうの表面まで剥がれてしまった。

ん〜さすがに安上がりの石こう型では1回でだめになったか。
まあもう使わないからええけどね。

_0018527
余分な部分を切ったり、
石こうを落として形を整える。

まあ今日の作業はこんな所かぁ。

 
 

| コメント (2)

2009年7月21日 (火)

リアウィンカーをどうにかしよう。その4

コーティングしたFRPも硬化したので、
_0018511
まわりにパテを盛って、

_0018512
削ってを繰り返して形を整える。

_0018513
整ったら粘土に埋めて、
_0018515
囲いを作って準備完了。

いつもは型取りシリコンを使うのだが、
今回は形も単純だしお金をかけたくないので、
_0018516
今回は石こうを流し込む。

石こうが硬化してたら
_0018517
粘土と原型をはずしてメス型の出来上がり。

今日はこんなもんにしとこう。

| コメント (0)

2009年7月19日 (日)

リアウィンカーをどうにかしよう。その3

発泡ウレタンで削り出した芯。
_0018508
コイツを今度はFRP樹脂で固める。

_0018507
こいつがFRP樹脂。
バックモニター作った時もさんざん使った。

今日は気温が高いので、
樹脂と硬化剤の比率は100g:1.5g位。

気温が高いと硬化が早く作業時間が短いので、
樹脂と硬化剤をまぜたら出来るだけ素早く作業する。

そんで、
_0018509
ピャッピャ〜とハケで素早く塗ったのがこれ。

ハチミツ色でうまそ〜。

表面が硬化するまでしばし待つべし。

| コメント (0)

2009年7月18日 (土)

リアウィンカーをどうにかしよう。その2

さてウインカー付きのナンバープレートを買ったので、
_0018496
この出っぱったリアウインカーをどうにかしたい。

まずは、
_0018497
このリアサイドカバーをはずして、
きれいに洗う。ついでに普段洗わない裏側も洗っちゃう。
そして念入りにワックスをかけてピカピカにする。
ワックスをかけるのは保護用ガムテープを剥がしやすくするため。

_0018498
表面をスベスベにしたらガムテープでまわり覆う。
これで準備完了!

さてここで登場するのが、
_0018500
硬質発泡ウレタン。
_0018501
主剤と硬化剤を同量とって、
よく混ぜ合わせる。
こいつは混ぜてからが時間との勝負。
手際よく混ぜ合わせたら、_0018502
素早くウインカー部分に流し込むと、
30〜40秒程で発泡が始まり、
_0018503
こんなにふくれあがります。

ン〜、なんかうまそう。

発泡する時は熱が出るので要注意。

発泡がおさまり、熱も冷めた所で、
余分な部分をガツガツ削って。
_0018504
好みの形にする。
硬いと行っても発泡ウレタンなのでカッターやヤスリで簡単に切ったり削ったり出来るので作業が早く進む。

_0018506
形を整えて原型の芯になる部分が完成。


| コメント (0)

2009年7月13日 (月)

リアウィンカーをどうにかしよう。

自分は以前からこのZZRのリアウィンカーのデザインが、
あまり好きではなかった。

そしてこれからのカスタム計画を進めていく上で必要だったので、
そこでこんなん仕入れてみた。
_0018493
ACTIVE LEDフラッシャープレート。

これは何かっつーと、
_0018494
ナンバープレートの両サイドにウィンカーがくっついてるという代物。

現状のウインカーの配線を持ってくるだけの簡単ポン付け。

さて問題はノーマルのリアウインカーをどうするかなんだよね〜。

なので装着はもうちょい後の話。

| コメント (1)